ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

トップページ > ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

≪消費税の問題点≫

2017.10.26
 
 札幌市南区の 税理士・社会保険労務士 溝江 諭(みぞえさとし) です。
 
 2017年10月22日、予期せぬ衆議院の突然解散のため、衆議院選挙が実施され、民進党のなげやり分裂と希望の党の下心ある横暴、立憲民主党の慌ただしいだけの即席誕生など野党の分裂を横目に睨みながら、自民党はしっかりと公明党を抱き込み、大勝をもぎ取りました。
 
 さて、そこで、消費税の問題です。
 
 安倍総理は景気への悪影響を理由として、過去2度にわたり、10%への税率引き上げを延期してきました。これまでは、引き上げによる増収税額を社会保障財源および財政の赤字対策財源とすると訴えていましたが、今回は勝手にその主張を取り下げ、、少子化、若年者対策(待機児童解消、教育費無償化等)に充てるとしてその目的を変更し、これを国民に問うといって選挙に臨んだわけです。
 
 10%への税率引き上げは2019年10月に予定されていますが、実施されるかどうかは予断を許しません。政府はおそらく内閣支持率をにらみながら検討することになるのでしょう。
 
 もし、引き上げが実施されると、税率以外にも問題が発生します。
 
 それは軽減税率の導入です。公明党が主張し、自民党が譲歩したものです。
 
 私はここには大きな問題があると考えています。
 
 この件については2年前に、≪消費税の軽減税率は必要か?≫ といタイトルで、ブログを書いています。
 
 ぜひご覧ください。
 
 ≪消費税の軽減税率は必要か?≫
 
 
 See You Again!
 
**************************************************************************
   『予約制 30分無料相談』 実施中!! 
  
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-812-1672 http://www.ksc-kaikei.com/
 
            札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                            税務会計論演習担当(大学院)
**************************************************************************