ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

トップページ > ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

≪還付申告は何年前までさかのぼれますか?≫

 2018.2.21
 
 札幌市南区の 税理士・社会保険労務士 溝江 諭(みぞえさとし) です。
  
 
 さて、今日は所得税の確定申告についてお話ししましょう。
 
 所得税の確定申告期限は毎年3月15日(休日の場合は次の平日)とされていますが、還付申告なら1月以後いつでも提出できます。もちろん、郵送も可能です。 
 
 特に、次の方は確定申告をするのを忘れないように!!
 
1 医療費控除を受ける方(原則10万円以上の医療費)→ 還付になるかも!
2 寄付をした場合(財務省が認める寄付金)     → 還付になるかも!
3 新築住宅や中古住宅を取得した方、増改築した方  → 還付になるかも!
4 給与収入の他に年金を受給するようになった方。  → 申告不要を選択できる場合もあります。
5 保険等の満期金の収入のあった方で所得が発生する方。
6 所有していた土地や建物などを売り、所得があった方。
7 ネットオークションやアフリエイトなどの副収入の所得が20万円を超える方。
8 ネットオークションやアフリエイトなどの収入だけの方で所得が発生する方。
 
 なお、7番や8番のネットを利用して利益を上げている方は・・・・・、要注意!!
なぜか?
 
 国税庁では脱税を摘発するため、「ネットを利用して利益を上げている人」の収入について資料を集め、税務調査を積極的に行っている模様です。ネットバンクや郵便局を含めたいろいろな金融機関から取引記録を収集し、一人づつの入金状況の掌握に努めているとのことです。ということで、これらの所得がある方、確定申告を必ず行いましょう。
 
 
  ところで、還付申告は何年前までさかのぼることができるか、ご存知ですか?
 
 正解は・・・.
 
 5年前までさかのぼることができます。
 
 還付申告は、申告をする年分の翌年1月1日から5年間行うことができます(国税通則法74条1項)。したがって、今年平成30年は、「平成25年分」までは、さかのぼって確定申告や還付申告することができます。ただし、さかのぼって申告できるのは、その年分の所得税につき、まだ申告していない場合に限ります。
 
 
 還付申告は必ず行いましょう!!
 
 どうして?
 
 それは・・・。
 
 納税者にとって、さまざまなメリットが用意されているからです。
 
 どんなメリットか?

 
 次回に続きます。
 
 http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=210
 
**************************************************************************
   『予約制 30分無料相談』 実施中!! 
  
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-374-5992 http://www.ksc-kaikei.com/
 
            札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                            税務会計論演習担当(大学院)
**************************************************************************