ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

トップページ > ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

≪最も遅い初雪 128年ぶり≫

2018.11.22
 
 札幌市南区の 税理士・社会保険労務士 溝江 諭(みぞえさとし) です。
  
 例年なら10月下旬か11月上旬に初雪を見る札幌ですが、なぜか今年は11月中旬になっても降る気配がありません。札幌の観測史上最も遅い初雪は1890年明治22年のことで、その年は11月20日が初雪でした。
 
 今年はさらに遅くなる新記録達成かと期待し始めたところ、11月20日未明に若干のみぞれが降り、これが初雪とされたようです。タイ記録!もちろん、私はそれを見ることはなく、白河夜船。
 
 翌21日は朝から牡丹雪の雪模様、初積雪となりました。しかし、ほとんど解け、薄氷(うすごおり)になったのが今日22日朝の模様です。
 
 写真は先ほど自宅2階から外を写したものです。写真をクリックすると拡大します。
 
ファイル 221-1.jpg
 
ファイル 221-2.jpg
 
  
 
 
 
 
 
 
 

 
 
ファイル 221-3.jpg

 
 
 
**************************************************************************
   『予約制 30分無料相談』 実施中!! 
  
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-812-1672 http://www.ksc-kaikei.com/
 
            札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                            税務会計論演習担当(大学院)
**************************************************************************