ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

トップページ > ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

『健康保険料率』の大幅引上げと民主党の社会保険政策

 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。
 
 朝日新聞のニュースサイトasahi.com(平成22年1月27日)に、次の記事が出ています。
 
 「全国健康保険協会は27日、中小企業の従業員らが加入する協会けんぽ(旧政府管掌健康保険)の新年度の保険料率を決定した。都道府県ごとに料率は異なるが、全都道府県で1ポイント以上アップした。全国平均は過去最高の9.34%。現行の平均8.2%から大幅な引き上げとなる。不況により保険料収入が大幅に落ち込んだことが影響した。
 
 新しい保険料率は、この日の同協会運営委員会で了承され、厚生労働相の認可を受けて4月納付分から適用される。加入者数は約3500万人。平均的な年収(370万円)の場合、本人負担は年間2万1090円増える。
 
 保険料率が最も高いのは北海道の9.42%で、今年度より1.16ポイント上がる。続いて佐賀の9.41%、香川、福岡の9.40%と続く。」
 
 ここ北海道では、健康保険料率が昨年9月にそれまでの8.2%から8.26%へ0.06ポイント引上げられたばかりです。その余韻が覚めやらぬ僅か半年後に、9.42%へと1.16ポイントも再度引上げるというのです。
 
 保険料の上昇率はなんと14.04%にも達します。
 
 ファイル 57-1.gif
 
 
 記事は引上げに至った原因についてこう伝えます。
 
 「協会けんぽの財政は、金融危機など深刻な不況の影響で賃金水準が下がったことで、急激に悪化した。2009年度の赤字見込みは、積立金を崩しても約4500億円に上る。」
 
 リーマンショック以後の世界を覆う不景気がわが国を襲い、そのため深刻な不況が続き、それに伴い賃金が下落傾向にあるということでしょうか。
 
 
 もし、それが原因ならば、賃金水準の好転はしばらく見込めそうにありません。さて、それでは将来はどうなるのか?
 
 これについては、次のように伝えます。
 
 「今後も保険料率の引き上げが避けられない状況は変わらず、この日の運営委員会では12年度には保険料率が9.9%~10.2%になるとの試算が示された。」
 
 『これからもまだまだ引上げますよ。皆さん、覚悟しておいてね!』という天の声が聞こえてきそうです。
 
 元来、問題を解決するためには、原因を追究しそれを取り除くか改善しなければなりませんが、記事の中にはこの部分についての説明はありませんでした。
 
 さて、民主党は、「政策集Index2009」において、後期高齢者医療保険の廃止、医療保険や年金の一元化、雇用のセーフティネットの拡充などの社会保険政策を打ち出していますが、これらの政策と今回の保険料率大幅引上げの整合性は一体どうなっているのでしょうか?
 
 民主党政権の見解を聞いてみたいものです。
 

(注)民主党による「社会保険の再設計等」については以下の記事をどうぞ。
http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=50
 
(注)社会保険料の給料からの控除時期については以下の記事をご覧ください。
http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=36
 
  
 今後の社会保険料、雇用保険料の引上げにより、個人負担と会社負担の保険料がいくら増額になるかを試算しました。
 
 『社会保険料率引上げ』 個人負担と会社負担いくら増加する?

http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=60
 
   
 See you next ! 
 
**************************************************************************
 独立開業を検討の方 
開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。

 既に開業中の方へ 
毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

(対応地域)
札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
その他、全国各地からメールによる相談を受ける「メール顧問税理士」契約も受付けています。月額1万円以上の契約となります。セカンドオピニオンとして、ご活用下さい。当事務所では、「社長には、税務調査を恐れることなく、経営に専念してもらいたいと常に願っています。」

 そうそう、節税もお忘れなく!
 
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!! http://www.ksc-kaikei.com/
  『予約制 30分無料相談』 実施中!!
 
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-812-1672 http://www.ksc-kaikei.com/  
    札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                    税務会計論演習担当(大学院) 
**************************************************************************


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
 
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ にほんブログ村 その他生活ブログ 一般教養へ