ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

トップページ > ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

『社会保険料率引上げ』 個人負担と会社負担いくら増加する?

 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。
  
 今後(平成22年度春以後)の社会保険(雇用保険を含めた広義の社会保険)の保険料率の引上げがもたらす影響を試算してみましょう。
 
                    ファイル 60-1.gif
                     UP,UP !
 
 北海道の「一般の事業」を営む会社を前提にして試算します。
 
 
今後、引上げられる社会保険は次のようになっています。個人負担と会社負担の合計の保険料率です。
   
1 健康保険(協会けんぽ)8.26% → 9.42% (平成22年4月納付分から、14%のアップ)
2 介護保険         1.19% → 1.50% (平成22年4月納付分から、26%のアップ )
3 厚生年金        15.704%→ 16.058%(平成22年10月納付分から、2.3%のアップ)
4 雇用保険         1.10% → 1.55% (平成22年4月1日から、41%のアップ) 
5 合計の保険料率   26.254% → 28.528%(8.7%のアップ) 

 このうち、個人負担分の引上げは次のようになります。 
 
1 健康保険(協会けんぽ )4.13% → 4.71% 
2 介護保険         0.595% → 0.75% 
3 厚生年金         7.537% → 8.029%
4 雇用保険         0.40% → 0.60% (50%のアップ)
5 合計の保険料率   12.977 %→ 14.089 %(8.6%のアップ)
 
 それでは、標準報酬月額が20万円、30万円、40万円、50万円、60万円の場合の引上げ額を試算しましょう。 
 
(1)個人負担
                20万円 30万円  40万円 50万円 60万円
1 月額増加額       2,224  3,336   4,448  5,560   6,672
2 年額(月額の12倍)  26,688  40,032   53,376 66,720  80,064
3 10年間の増額 約  27万円 40万円  53万円 67万円 80万円
 
 給与総額に対する引上げ率は1.11%で月額の増加額で見るとそれほど大きな引上げには見えないかもしれませんが、年額で見るとかなりの負担増です。10年間では、さらにその10倍の増加額となります。これだけ手取りが減少するのですから、家計での計画的なやりくりが必要になりますね。なお、賞与を計算対象にしていないので、賞与が前年並みに支給される場合にはさらに負担額が増加します。
 
(2)会社負担
                20万円 30万円  40万円 50万円 60万円
1 月額増加額       2,324  3,486   4,648  5,810   6,972
2 年額(月額の12倍)  27,888  41,832   55,776 69,720  83,664
3 10年間の増額 約  28万円 42万円  56万円 70万円 84万円
 
 給与総額に対する引上げ率は1.16%です。給与のアップがなくてもこれだけ会社負担が増加します。例えば、全員で10名の会社で、社長の標準報酬月額が60万円、あとの9名の方の標準報酬月額が30万円とすると、年間の増加額は約44万円となります。10年間では約440万円の増額となります。この分は生産性の向上か、さもなくば、社長の給料の減額を含めた費用の削減で埋めなければなりません。このため、人によっては過重な負担増と感じられることでしょう。 
 
 今後の社会保険料率の動向としては、以下のように考えられます。
  
① 厚生年金保険料については平成29年まで毎年0.354%ずつ保険料率がアップしていくことが決定しています(平成29年のみは1.18%のアップ)。現在(平成22年1月1日現在)の保険料率は15.704%ですが、これが平成29年9月以後は18.3%まで上昇します。
② 健康保険料については、医療費の増大と賃金水準の下落により今後もまだまだ引上げられそうです。(http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=57を参照)
③ 介護保険料も健康保険料と同様です。
④ 雇用保険料のうちセーフティネット構築のための費用部分は雇用状況が改善されない限り、今後も引上げられるでしょう。
 
 一方、所得税や住民税の人的控除(扶養控除、配偶者控除)も将来的には減額が予想され、子ども手当てを受給できない世帯では増税となり、可処分所得のさらなる減少を招きそうです。その上、もし消費税率が引上げられると・・・・。
 
 さてさて、社会保険制度や税制に対して、民主党が今後どのような政策をとって来るのか・・・。目が離せませんね。
 
 
※『雇用保険料率』 平成22年度はいくらになるの?
http://www.ksc-kaikei.com/news/index.cgi?no=81
 

※『健康保険料率』の大幅引上げと民主党の社会保険政策

http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=57
 
 
◎ 民主党が2009年の衆議院選挙前に政策として掲げた社会保険政策について解説を加えました。以下をご覧下さい。
 
※『民主党による税制改正』 その13 社会保険の再設計等
http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=50
 
  
 皆さんはどう考えますか?
 
  
 See you next !
 
 
**************************************************************************
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!! http://www.ksc-kaikei.com/
  『予約制 30分無料相談』 実施中!!
 
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-812-1672 http://www.ksc-kaikei.com/  
 
      札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                      税務会計論演習担当(大学院)
**************************************************************************
【独立開業を検討の方】 
 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。

【既に開業中の方】 
 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

(対応地域)
 札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 その他、全国各地からメールによる相談を受ける「メール顧問税理士」契約も受付けています。月額1万円からの契約となります。セカンドオピニオンとして、ご活用下さい。
 
 当事務所では、「社長には、税務調査を恐れることなく、経営に専念してもらいたいと常に願っています。」
**************************************************************************


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
 
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ にほんブログ村 その他生活ブログ 一般教養へ