ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

トップページ > ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

≪聞くは一時(いっとき)の恥、聞かぬは・・・・≫

 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。
 
 先日の午後、大学学部での今期初めての授業。4月も半ばだというのにここ札幌ではちょっと肌寒いほどの気温です。その大学の客員教授でもある私は学生を相手に「税務会計論」をこれから1年間受け持つことになります。対象は商学部や経済学部の3,4年生。昨年はなぜか5年生、6年生が少なからずいたのですが、今年はひとりもいないようです。使用する教室は正門から一番遠い所に位置するE棟の5階。正門から教室にたどり着くまでに5分以上はかかります。
 
                   ファイル 63-1.jpg
 
 
 教室に入るなり、開口一番、私は学生にこう呼びかけました。
 
 「こんにちは! 後ろに座っている人、みんな前に来て座ってください。」
 
 後ろに陣取っていた学生たちがぞろぞろと前の方へ移動してきます。
 
 一同着席し静かになったところで、簡単な自己紹介。その後、黒板に次のように書きました。
 
 『聞くは一時(いっとき)の恥、聞かぬは一生の恥』
 
 「このことわざを知っている人は手を上げて」と尋ねると2割ほどの学生が挙手。ことわざ・金言・格言には人間の長い歴史の中で培われ、「人生における本質」に迫るものが多いのですが、この言葉も勉学中の学生にとって貴重な助言となり得るものです。場合によっては、その人の一生を左右するほどの「力を秘めたことわざ」と言ってもいいかもしれません。
 
 学生たちの周りには豊かな経験と知識を持ったたくさんの教職員がいます。自分の勉強の際にこれら先賢たちの経験や知識を有効に活用しないという手はありません。私たち凡人は正確な知識がないにもかかわらずついつい「知ったかぶり」をしたり、人前で質問するのを恥ずかしがってせっかくの知識習得の機会を逃しがちです。私も苦い経験を何度もしています。これを戒めたのがこのことわざです。
 
 すなわち、「疑問に思ったことはすぐに質問しよう!恥ずかしがらずに質問しよう!」ということになります。
 
 「みんなの前で質問するのは恥ずかしいな。こんな基本的なことを質問するとみんなから馬鹿にされるのではないか?」と心の中で考えたことはありませんか。これが「聞くは一時(いっとき)の恥」ということです。
 
 でもそんな心配は無用。多くの教職員は質問を大歓迎してくれるでしょう。どんな質問であれ喜んで答えてくれるはずです。もし、質問することを躊躇して、疑問をそのまま放置したならば、疑問に思った内容さえいつしか忘却し、イザという時にその知識を活用できないばかりか、その内容が一般常識の範疇に該当する場合には思わぬ赤恥をかく事態を招くことさえ考えられます。まさに「聞かぬは一生の恥」という状況に陥ってしまうことになります。
 
 授業中に疑問を発見したならばすぐに質問する習慣を学生には身につけてほしいと私は願っています。
 
 分からないことを発見することが知的探求への旅の第一歩だからです。この楽しみは次のように連鎖しています。
 
1 発見の楽しみ → 分からないことを発見することの楽しみ
2 未知から既知への楽しみ → 分からないことが分かることの楽しみ
3 活用の楽しみ → 分かったことを実際に活用・利用することの楽しみ
4 成果の楽しみ → 活用・利用した結果なんらかの成果を得る楽しみ
5 究明の楽しみ → 十分な成果を得られなかった場合にその原因を究明する楽しみ。これは「1 発見の楽しみ」の第2段階と言えるものです。
6 対策研究の楽しみ → 5の原因を除去するための対策を考える楽しみ。これは「2 未知から既知への楽しみ」の第2段階と言えるものです。
7 対策実施の楽しみ → 対策を実施することの楽しみ。果たしてその効果があるのか?これは「3 活用の楽しみ」の第2段階と言えるものです。
8 対策実施後の成果の楽しみ → 対策実施後の新たな成果を得る楽しみ。これは「4 成果の楽しみ」の第2段階と言えるものです。
9 新たな究明の楽しみ → 対策を実施したにもかかわらず十分な成果を得られなかった場合にさらにその原因を究明する楽しみ。これは「1 発見の楽しみ」の第3段階と言えるものです。
 
 このように、楽しみは連続しつつ、螺旋階段を登るように発展していきます。また、そのためには「3 活用」や「7 実施」のように自ら「実行」することが求められます。実行に結びつかないと「楽しみの連続」はそこで遮断され、発展に結びつきません。
  
 このようにして一度芽生えた知的探究心はとどまることを知りません。これを今の学生に伝えたいのです。
 
 しかし、よく考えてみると、この格言はなにも学生のためだけに存在するものではありません。今、この世の中に生きているすべての人に当てはまることではないでしょうか。
 
 もし・・・。
 
 もし、あなたがそれでもなお、人前で質問することがやはり恥ずかしいとお考えならば、発見した疑問を必ず記録しておきましょう。そして、その疑問解決のため、あとで必ず自分で調べる習慣を身につけましょう。それでも納得できる回答が見つからないときがあります。その時は、ちっぽけな見栄など捨てて、知っている方に謙虚に教えを乞いましょう。そんなときに備えて、自分の疑問に答えてくれそうな先賢たちを自分のまわりに配置しておくことも成長しようとする人間にとってはとても大切なことです。
 
 「聞くは一時(いっとき)の恥、聞かぬは一生の恥」
 
 
                     ファイル 63-2.gif 
  
 
 そうそう。冬期間、運動らしい運動もせずに過ごしてきた私にとって、教室があるE棟の5階まで、エレベーターに頼らず、「えっちら、おっちら」と徒歩で登って行くことは想像以上の運動になりました。いささか情けない話ですが、これも実際にやってみて初めて分かることです。
 
 
 次回は、「案ずるより産むが易し」についてお話しましょう。
http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=64
 
  
(「お知らせ」のご案内)
 
 自動車(マイカー)や自転車などを使って通勤する場合の通勤手当。通勤距離によって非課税限度額が異なります。いくらか御存知ですか?
 
 このような場合も含めて非課税となる通勤手当について詳しくお知らせしましょう。題して、
 
≪交通費や通勤手当、非課税はいくらまで?≫その1 基礎編 
http://www.ksc-kaikei.com/news/index.cgi?no=85 
 
  
 See you next !
 
 
**************************************************************************
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!! http://www.ksc-kaikei.com/
  『予約制 30分無料相談』 実施中!!
 
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-812-1672 http://www.ksc-kaikei.com/  
 
      札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                      税務会計論演習担当(大学院)
**************************************************************************
【独立開業を検討の方】 
 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。

【既に開業中の方】 
 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!

(対応地域)
 札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
 その他、全国各地からメールによる相談を受ける「メール顧問税理士」契約も受付けています。月額1万円からの契約となります。セカンドオピニオンとして、ご活用下さい。
 
 当事務所では、「社長には、税務調査を恐れることなく、経営に専念してもらいたいと常に願っています。」
**************************************************************************