ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

トップページ > ブログ・コラム 札幌の税理士 溝江 諭 の 『一筆啓上』

≪絶景、13階屋上の露天風呂 函館≫

 札幌市豊平区の 税理士 溝江諭(みぞえさとし) です。
 
 
 ファイル 77-1.jpg
 
 今年度(平成22年度)は北海道の包括外部監査人チームの一員になっており、今月は道内各所の総合振興局(以前の支庁)を訪問し、監査を実施した。これまで、札幌、上川、渡島(おしま)、石狩、空知の監査を済ませたが、そのうち渡島総合振興局がある函館には体育の日の10月11日、午後3時7分発の特急で札幌駅を発ち6時24分に到着した。今夜の泊まりの宿は駅を出て右側、徒歩15分のところにあるホテルである。
 
 着いてみるとなかなか洒落た13階建てのシティホテル風の宿である。1階のフロント・エリアは狭いながらも落ち着いたブラウンの色調の壁や調度品、さらに幾分暗めの照明がそこはかとなく上品な雰囲気を醸しだす。白いブラウス姿のフロントの女性によると、このホテルは温泉完備で、13階には大浴場と露天風呂があり、部屋に用意してある館内着でならば室外歩行もOKとのこと。彼女の言葉の前半部分を耳にした時点で、私は思わずニコリ。朝食の説明を聞きながら、カードキーを受け取るのももどかしく、すぐにエレベーターへ。
  
 7階の部屋に入るや履いていた革靴を今閉じたばかりのドアの左脇片隅に押しやり、次にスーパーマン顔負けに背広をむしり取り、素早く「黒い館内着」に変身する。変身後の様はさながら黒衣を纏ったカンフー演武者のようだ。ベッド脇のサンダル状の木下駄を引っ掛け、そばにあったタオルを肩に掛けて部屋を飛び出す。目指すは温泉行きのエレベーター乗り場。エレベーターが到着するや突入し、すかさず「13」のボタンをプッシュ。かごは屋上へまっしぐら。
 
 ところで・・・・、
 
 あなたはビル屋上のお風呂に入ったことはあるだろうか?
 
 私は初めての体験!ましてやそれが露天風呂だなんて!!
 
 露天風呂といえば・・・、
 
 そう、あの開放感と心地良さ。思い浮かべるだけで、頬が緩み笑みがこぼれる。その上、眺望と泉質に恵まれれば・・・。もはや、言うことなし!!!
 
 脱衣場で館内着をパッパと脱ぎ去り、ガタピシと音がするロッカーの木製扉を開け中へ押し込む。ブレスレット型厚手ゴムに取付けられた鍵でロッカーに錠ををかけ、いよいよ期待のお風呂へ。入り口の引き戸を開けるとすぐ左手には大浴場。取り敢えず未練あり気に横目に見ながら通り過ぎ、目指すは露天風呂への出口。
 
 そこには二重扉が据え付けられていた。寒さが厳しい北海道では、室内と外界との大きな温度差を緩和するため、よく設置される二重扉。1枚目の引き戸と2枚目の引き戸の間隔は約1m。1枚目の引き戸を閉め、外側の2枚目の引き戸を開けると、すわっ・・・。
 
 「待ってました!」とばかりに強風がドーンと裸身に突き刺さる。その風圧で思わず上体がグラり、「おー、さぶっ!」。
 
 瞬たたく間に全身が鳥肌に覆われる。予想外の突風に、一瞬「何が起こったのか」と困惑し、寒さが一層身に沁む。
 
 それもそのはず、ここは風をさえぎるものが何ひとつとしてない、13階の屋上。風が強いのは当たり前であった。
 
 屋上には大きな露天風呂の他、直径1mほどの「おひとり様」用の桶風呂も3桶配置されていた。そこで、まずは露天風呂を目指し、ドボーン。幸いにも他に客はなし。この空間を貸切だ。なんと贅沢なことか。
 
 満足気に湯につかりながら、視線をゆっくりと右に向けると眼下には津軽海峡が広がっている。左奥に目を転じると太平洋が遠望でき、背後にはネオンきらめく函館の市街地が控えている。そして眼前には、頂上付近がライトアップされた函館山がその山容を現す。中腹でときおり点滅しながら右から左へと移動する灯りは下山する車のヘッドライトであろうか。周囲360度に展開される光景はテレビでよく見る見慣れた函館より数倍も素晴らしい。
 
 次に、泉質はといえば・・・・。
 
 適度の粘液質で素肌にまとわり付くようにトロリとしており、そのすべすべ感がこれまた最高である。
 
 体の芯までジンワリと染みてくる心地良さに身を委ね、静かに目を閉じ、しばしの瞑想に浸る。
 
 やがて体全体がホンワカと暖まったところで、次に桶風呂を目指す。
 
 五右衛門風呂を経験済みの私だが、桶風呂は見るのも入るのも初めて。ささやかな緊張感に包まれながら、そーっと桶を跨ぎ、中に身を浸す。すると、木の柔らかさが素肌に拡がり、その感触、情緒ともに満点。心ときめく、貴重な体験であった。
 
 桶風呂の中から津軽海峡に再度目をこらすと、はるか向こうにはイカ釣り船の漁火(いざりび)がゆらめいていた。そのまま上空に目を転じると、幾多の星々が光を明滅させながら満天に浮かび上がる。神無月(かんなづき)の冷気の中、天空右上には、秋月がまるで十五夜の如く、とひときわ大きく煌々(こうこう)と冴え渡り、輝いていた。
 
 これぞ眼福!
 
 絶景といわんや!
 
 こんな秋の夜長には、杜甫や李白のように漢詩のひとつでも吟じてみようか・・。
 
 「至福のひととき」にこの身が包み込まれていく・・・。
 
 天国、極楽、西方浄土、涅槃寂静!
 
 ホテル屋上の露天風呂に大感激!!
 
 このホテルをネットで探し出し、予約してくれたOT嬢に感謝、ありがとう!!
 
 一夜明け、再びお風呂を堪能し、その後の朝食。
 
 これがまた、まさに港町函館!
 
 キラキラと紅色目映ゆい「いくら」、醤油の煮汁がしっかり染み込んだ小振りの「いか飯」、いか・エビ・ホタテ・まぐろなどの新鮮な刺身、昆布やいかを漬け込んだ函館名物・松前漬け、切り身の鮭(しゃけ)やホッケを色よく焼いた焼き魚、大根・人参・長ネギ・じゃがいもその他色とりどりの野菜と鮭(しゃけ)を塩味で煮込み旨み満点を誇る北海道名物・三平汁、じゃがいも男爵の美味しい茹でもの(当然の如くバター添え)など地場・北海道の食材が「これでもか!」とばかりに所狭しと並ぶ。バイキング故、各人がそれぞれ好きな物を好きな分だけ、自由にチョイス。季節柄、生野菜も盛りだくさん。野菜好きな私にとってはうれしい朝食だ。もちろん、ヨーグルトや生の果物ジュース、有名な函館牛乳もたくさん用意されていた。
 
 ここで、「いくら」についてひと言・・・・・。
 
 昨年末に痛風に犯され、魚卵系統はきつくご法度(はっと)!しかし、今回ばかりは久しぶりの函館ということで、特別に「いくら」をスプーンで少しだけすくい取り、それを熱々のご飯の上に乗せ、いくら丼の雰囲気をチョッピリ味わった。これがまたなんと美味なことか・・・!
 
 そうそう、朝食の時、左隣のテーブルでは「桃太郎侍」の高橋英樹(いい男でした。)が付き人と一緒に食事、朝食後に乗ったエレベーターでは「アド街っく」の愛川欽也が乗り込んできて、60cmの至近距離でご対面。ご両人は10月27日放映の土曜☓☓劇場のTV撮影のためにこのホテルに宿泊とのことだった。
  
 皆さんも函館へお越しの折りはこんな素敵なホテルはいかがですか?(部屋が狭いのが唯一の難点だが一晩ならさほど苦にならず。)
 
・ラビスタ函館ベイ 
 
 See you next!
 
========================================================================= 
 ★年金型生保、最高裁判決の問題点は?
 
  ◎これは二重課税の問題ではない!分割払いの年賦金ではないのか?!
 
   ≪年金型生命保険の二重課税、最高裁判決の問題点 1 ≫
 
    http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=73
 
  ◎現行法では、2年目以後の果実部分(運用益)への課税もできない!
 
   ≪年金型生命保険の二重課税、最高裁判決の問題点 2 ≫
 
    http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=74
 
  ◎判決が及ぼす影響は税制だけに限らない!
 
   ≪年金型生命保険の二重課税、最高裁判決の問題点 3 ≫
 
    http://www.ksc-kaikei.com/blog/index.cgi?no=75
 
========================================================================= 
 中小企業の会計に関する指針「平成 22 年版」が公表されました。
 
 ≪中小企業の会計に関する指針「平成 22 年版」、公表!!≫ 
http://www.ksc-kaikei.com/news/index.cgi?no=91 
 
**************************************************************************
 『ズバリ節税99 一問一答』 好評 無料進呈中!! 
  『予約制 30分無料相談』 実施中!! 

 
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-812-1672 http://www.ksc-kaikei.com/  
 
          札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                         税務会計論演習担当(大学院) 
**************************************************************************
【独立開業を検討の方】 
 開業前に経営者として十分に理解し、決定しておかねばならない項目がたくさんあります。当事務所では、豊富な経験を基に、これらの相談に対し、各ポイントを解説しながら、あなたと一緒に、親身になって考え、検討し、より良いアドバイスをさせて頂きます。今まで、モヤモヤしていたものが、徐々に解消していくことを実感できるでしょう。
 
【既に開業中の方】 
 毎月の巡回監査、節税や税務調査対策などの「税務対策」としっかりした「経理制度の確立」を通して、貴社の『健全な繁栄』を支援します!迅速、正確な社会保険、労働保険もお任せ下さい。貴社の身近な相談相手としてどうぞ!!
 
(対応地域)
 札幌市豊平区、札幌市清田区、札幌市白石区、札幌市厚別区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市西区、札幌市北区のほか北広島市、恵庭市、千歳市、江別市などの札幌近郊
**************************************************************************