お知らせ

トップページ > お知らせ

(社労)≪社会保険料の変更時期が近づいています。H28年≫

2016.9.21
 
 社会保険料の変更時期が近づいてきました。
 
 10月支給分の給料計算から変更となります。変更を忘れると、個人負担額、会社負担額の双方に影響が出ますので、ご用心!
 
             
 今回の変更は、①定時決定による新標準報酬月額の適用によるものと②厚生年金保険料率の引上げによるものです。
 
 
1 定時決定による新標準報酬月額の適用
 
 今年6月1日以後に被保険者となった方を除いて、定時決定による新標準報酬月額を10月支給分の給料計算から使用します。今年6月1日以後に被保険者となった方については、今までと同じ標準報酬月額です。これらの標準報酬月額は、来年の9月支給分の給料計算まで使用します。
 
 なお、全国の保険料率および保険料額については、以下をご覧ください。
 
 都道府県別協会けんぽの保険料率および保険料額表
 
 
2 厚生年金保険料率の引上げ
 
 厚生年金保険料率が10月支給分の給料計算から引上げとなります。新保険料率は、一般の被保険者が18.182%坑内員と船員の被保険者は18.184%となります。このうちの半分が個人負担です。
 なお、厚生年金保険料を計算する際には、新しい標準報酬月額を使用します。
 
 これまでの保険料率に比べ、一般の被保険者は0.354ポイント、坑内員と船員の被保険者は0.248ポイントの引上げとなっていますが、今後平成29年までは同じ率で毎年引上げられることになっていますので、覚えておくと良いでしょう。
 
 
**************************************************************************
  『予約制 30分無料相談』 実施中!! 
 
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-374-5992 http://www.ksc-kaikei.com/  
 
          札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                         税務会計論演習担当(大学院) 
**************************************************************************