お知らせ

トップページ > お知らせ

(税務)≪住民税、特別徴収「納期の特例」の納期限は6月10日≫

2017.5.24
 
 札幌市南区の 税理士・社会保険労務士 溝江 諭(みぞえさとし) です。
  
 きょうは、『住民税の特別徴収』の「納期の特例」についてです。
 
 住民税とは、市町村民税と都道府県民税のことを言い、各市町村が住民一人づつについて前年の所得を基準として計算します。特別徴収を選択した会社では各市町村から送られてくる「特別徴収税額の通知書」をもとに、社員の給与から住民税を控除して徴収します。
 
 社員から徴収した住民税は、原則として、翌月10日までに納付しなければなりません。
 
 これに対し、「納期の特例」と呼ばれる制度があります。
 
 給与の支払を受ける人が常時10人未満の事業所については、年2回の納付で済ますことができるというものです。この特例を受けるためには、事前に「特別徴収税額の納期の特例に関する申請書」を市町村に提出して承認を受ける必要があります。
 
 承認を受けると、6月から11月までに徴収した税額は12月10日までに、12月から翌年の5月までに徴収した税額は6月10日までにそれぞれまとめて納付することができます。
 
 もうすぐ6月10日の納期限が近づいています。今から準備しておきましょう。
 
 納付が遅れると、高率の延滞金がかかりますよ!
 
 なお、この特例を受けていて、給与等の支払を受ける方が10人以上となった場合など、納期特例の要件を満たさなくなった場合は、特例要件を欠いた場合の届出書を提出する必要があります。
 
※ 札幌市の納期の特例のサイトは以下になります。申請書をダウンロード可能です。また、記載法の例示もあります。
 
http://www3.city.sapporo.jp/download/shinsei/search/procedure_view.asp?ProcID=389
 
 
**************************************************************************
  『予約制 30分無料相談』 実施中!! 
  
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-374-5992 http://www.ksc-kaikei.com/
 
            札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                            税務会計論演習担当(大学院)**************************************************************************