お知らせ

トップページ > お知らせ

(社労)≪社会保険、算定基礎届(定時決定用)は7月10日まで≫平成29年

2017.7.5
 
 札幌市南区の 税理士・社会保険労務士 溝江 諭(みぞえさとし) です。
 
 社会保険の算定基礎届の時期です。
 
 社会保険の標準報酬月額を年に一度定期的に決定するのが「定時決定」。そのために作成し、提出するものが算定基礎届です。
 
 今年(平成29年)の提出期限は7月10日です。
 
   
 作成の対象者は本年7月1日現在の被保険者で本年5月31日以前に資格取得した方です。
 
  
1 『算定基礎届の作成提出を自社で行うお客様』
 
 次の書類を作成し、所轄の年金事務所へ提出します。
 
①算定基礎届・・・4,5,6月に支給した給与の総支給額を基に作成します。
 
(注意点)
 
   1 所得税では非課税とされる通勤手当等も含めます。
   2 食事・住宅・定期券などの現物給与も含めます。
   3 支払基礎日数が17日以上の月の給与を記入します。短時間就労者ですべての月の支払基礎日数が17日未満の場合は、15日以上の月の給与を記入します。

②算定基礎届総括表
 
③算定基礎届総括表附表
 
 
2 『算定基礎届の作成提出をKSCへ依頼するお客様』
 
 次の書類をKSC宛にファックス願います。
 
①算定基礎届チェック表
 
1 所得税では非課税とされる通勤手当等も支給額に含めます。
2 支払基礎日数が17日以上の月の給与を記入します。短時間就労者ですべての月の支払基礎日数が17日未満の場合は、15日以上の月の給与を記入するとともに、パートと表示してください。
3 過去1年間に昇給、降給があった場合には、「昇給、降給月」「変更前の固定給」「変更後の固定給」もご記入ください。
 
 なお、7月月変に該当する方がいる場合には別に「月額変更届」を提出する必要があります。
 
 
【新標準報酬月額の使用開始時期】
 
 各人の給料から控除する保険料は前月分の保険料となります。このため、新しい標準報酬月額は本年の10月支給分の給料計算から使用することになります。
 
【平成29年4月分からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表】
 
 協会けんぽの健康保険の保険料額表(全国対応)  
 
**************************************************************************
  『予約制 30分無料相談』 実施中!! 
  
  TKC全国会会員
  税理士・社会保険労務士・行政書士 溝江 諭 KSC会計事務所
      Tel  011-374-5992 http://www.ksc-kaikei.com/
 
      札幌学院大学 客員教授 税務会計論担当(学部)
                      税務会計論演習担当(大学院)**************************************************************************