お知らせ

トップページ > お知らせ

(社労)『算定基礎届(定時決定用)』の時期になりました。

 社会保険の標準報酬月額を年に一度定期的に決定する「定時決定」。このために算定基礎届を作成し、提出する時期となりました。作成の対象となる被保険者は本年5月31日以前に資格取得した方です。
 
 
 『算定基礎届の作成提出をKSCへ依頼しているお客様』は、以下の書類をKSC宛に6月30日までにファックス願います
 
1 算定基礎届チェック表
 
・支払の対象となった日数が16日以下の月がある場合、その月の賃金額は記入不要です。なお、有給休暇は支給対象の日数に含めます。
・所得税では非課税とされる「通勤手当」等も含めた総支給額を記入します。
・過去1年間に昇給があった場合には、「昇給月」「昇給前固定給」「昇給後固定給」も記入願います。
 
2 本年4,5,6月に支給した賃金の台帳
 
 
 『算定基礎届の作成提出を自社で行うお客様』は、次の書類を作成のうえ、7月10日までに、所轄の社会保険事務所へ郵送してください。なお、7月1日現在の被保険者数が15人未満の場合は、他に本年4,5,6月に支給した賃金の台帳の写しも同封する必要があります。
 
1 算定基礎届総括表
2 算定基礎届総括表附表
3 算定基礎届
4 事業所業態分類調査票

 
 
 なお、7月月変に該当する方がいる場合には別に「月額変更届」を提出する必要があります。
 
【保険料控除】
 
 各人の給料から控除する保険料は前月分の保険料となります。このため、新しい標準報酬は本年の10月支給分の給料計算から使用することになります。
 
**************************************************************************
『ズバリ節税99 一問一答』 好評無料進呈中!!『予約制 30分無料相談』 実施中!!
      札幌市豊平区  税理士 溝江 諭 KSC会計事務所  
          http://www.ksc-kaikei.com/
 
      札幌学院大学  客員教授 溝江 諭 税務会計論担当 
**************************************************************************